妻への離婚を考え直す手紙の例文

妻への謝罪文

このページではモラハラや性格の不一致など、浮気以外が原因のご主人が「離婚を回避したいときの手紙」についてご紹介します。男性が奥様と離婚回避したい状況を想定しています。浮気など女性関係が原因の場合は【浮気の謝罪の手紙に書くべきこと】をご参照ください。

 

奥様自身も分からない

まず最初に奥様自身がいま、自分がどうしたいか、ご主人にどうして欲しいか、分からないことがあるということをご紹介します。いきなりですが、逆の立場で考えてみましょう。もし、奥様に浮気されたら、一度は離婚だ!と考えますよね。しかし、離婚したら自分が幸せになれる、という自信はあるでしょうか…? お子様がいれば、どちらかの親とは一緒に住めなくなります。夫婦関係というのは、絶対に許せないことがあっても、その償わせ方は限られているのです。離婚することくらいしかありません。このため男性でも女性でも「離婚」という言葉がすぐ出てくるのです。では離婚しない場合、なにができるでしょうか?なにをして欲しいでしょうか? 実家に帰る、実家の親やご主人の親に伝える、ご主人のお小遣いをなしにする…。どれもあまり意味はありませんよね。他人であれば基本的にお金で賠償しますが、夫婦ではそれができません。結局、離婚するか離婚しないかの2択しかなく、どちらも難しい選択なのです。

離婚したい主な理由は「過去のことが絶対に許せない」か「将来が不安」の2つです。愛情が枯渇して婚姻しているメリットがないから離婚する、などもありますが、珍しいと思います。つまり、極端に言えば、過去のことを許せて、将来の不安がなくなれば、離婚は回避できる可能性があるということです。もちろん、絶対に離婚する、何度も何度も考えた上で離婚を決めた、という女性もいます。ただどちらにしても、誠意ある謝罪をすることにデメリットはないはずです。

「妻から離婚したいと言われたから、僕は離婚したくなかったけど離婚した」では、あまりに残念です。諦めることは誰にでもできます。まずは誠意ある謝罪を行いましょう。

 

よくあるNGワード

妻と離婚したくないので手紙を書いてみました」というご相談があります。奥様との離婚回避の話し合いや手紙の中で、逆に奥様を不快にさせてしまう例をご紹介します。

家事や育児を頑張ります?

よくある例が「家事や育児を頑張ります」というワードです。 例えば奥様が本当にそれを求めているのであれば重要です。しかし、すべての女性がそうとは限りません。女性は家事や育児が好きで、プライドを持って行っている方もいます。もちろん、ときには面倒や苦痛に感じることもあります。しかし、愛する家族の健康のために、美味しいご飯を作ってあげたい、家を清潔に保ちたい、という気持ちもあるのです。それをまるで苦役のように、償いとして「これからは家事を頑張ります」と言われても逆効果なのです。まったく私のことを理解していない、と思われます。育児も同様で、贖罪として子供と過ごすのでしょうか?違いますよね。

こうしたことを言う・書く男性に足りない点は、家族の笑顔のためになにかしてあげたい、という気持ちです。そうした奥様の気持ちを理解できていない点です。家事や育児をすることは大切ですが、その理由を間違うと逆効果です。

例えば、仲の良いご夫婦と話していて、夫婦円満の秘訣は、夫が妻の家事のあとにコーヒーを淹れて一緒に飲むこと、マッサージしてあげること、という方がいました。ご主人に足りない点はこうした気配りや心遣い、思いやりかもしれません。本当に奥様が求めていることを一生懸命に考えること、知ることがスタートです。

お小遣いを減らします?

これも上記と似ていますが「お小遣いを減らします、いりません」という例です。

本当に奥様はこれを望んでいるでしょうか? 確かに、お金があるから悪いことをした、無駄使いした、というケースは多いので、奥様から「お小遣いなし」と言われることは多いと思います。懲罰的な意味合いもあると思います。ただ、実際に奥様からの相談を聞いていると「お小遣いなしにしたい」という女性はほとんどいません。なぜなら、自分の愛するご主人を困窮させたい、恥をかかせたい、とは考えないためです。働いている以上、水分補給や栄養補給、飲み会、付き合い、後輩におごったりは必要です。頑張って働いている大人に対して、1円も使うなとは思いません。誰にでもリフレッシュは必要です。注意して欲しいことは、奥様の言葉をすべて真に受けることではなく、その本心を考えることです。離婚したい、も本心である場合と、そうでない場合があります。言われたことをただ手紙にしても、何も考えていないだけです。実際に無理なこと言っても逆効果ですし、奥様をバカにしているように感じられます。

慰謝料を払います?

生活する以上、お金は大事です。離婚後もお金が大事です。ただ、お金のことよりも、家族への愛情がもっと重要です。例えば「慰謝料として結婚前の貯金から◯万円を払います」と書くひとがいます。確かに、法律的には結婚前の貯金は個人の財産なので、離婚しても財産分与には関係なく、慰謝料として奥様に払うことに意味があるかもしれません。

しかし、ご主人は離婚しなかったらそのお金は自分のためだけに使うつもりだったのでしょうか?結局は子供のためのお金、家族のためのお金だと思います。奥様がその慰謝料をもらって、ひとりで海外旅行に行くでしょうか。高級なブランド品を買うでしょうか。そんな女性は少数派です。結局は子供の教育費、進学費用、生活費やマイホームの購入費や返済に充てられると思います。

こうしたことを書く男性は、そうしたことを考えていないことが多いように感じます。それはつまり、奥様のことを考えていない、自己中な謝罪ということです。これは奥様から慰謝料を求められたという場合でも同じです。ちなみに借金してでも慰謝料を妻に払います、は家計としてはマイナスが増えるだけなので、ほとんどのケースで逆効果です。

責任をとります?

「責任をとります」と書く人がいます。そして、どうやって責任をとるんですか?と聞いても、ほとんど納得できる回答はありません。簡単に「責任」という言葉を口にする男性は無責任な男性が多いように感じます。正直、家庭の問題に責任など取りようがありません。

時間を過去に戻せたり、奥様の記憶を消せる能力があれば責任を取れるかもしれません。しかし、それは誰にも無理です。実際に「結婚する前に戻りたい」と何度も奥様から聞きました。

「責任を取って離婚する」も「責任を取って離婚しない」も結局はただのご主人の希望です。どちらでも奥様は大変なんです。ご主人が責任を取るために離婚”してあげる”わけではなくて、有責だから離婚されるだけです。離婚しない場合は奥様が我慢して我慢して離婚しないだけです。

 

たった1行で全然違う

上記でご紹介した例は、よくあるワードです。しかし、こうした大したことのない一言、1行で関係が悪化することは珍しくありません。これは離婚に悩んでいる側にしか理解できない内容だと思います。おそらくですが、どんなに素晴らしい男性でもかなり難しいでしょう。それは仕方ありません。性別や立場が違うので簡単に理解はできません。まずは理解できないという自覚が大切です。これを自覚していない男性が多いので、自己満足で傲慢な手紙になってしまうのです…。

その他の注意をちょっとだけ。

インターネットのサンプルをコピペしない

ネットには離婚回避のためのサンプルがたくさんあります。書き出しやポイントを参考にするのは良いでしょう。しかし、あくまで参考に留めてください。なぜなら、ネットのサンプルは個別の事情について書かれておらず、とても薄っぺらい内容だからです。例えば、今回が初めての離婚騒動なのか、子供が何歳なのか、過去にどんな謝罪をしたのか、など、まったく含まれていません。離婚回避の手紙で重要なポイントは謝ることではなく、奥様の信頼を少しでも回復することです。

謝罪が目的ではない

ネットのサンプルでは「心から反省しています。後悔しています。申し訳ございません。もう二度と同じことを繰り返しません」ということがよく書かれていますが、まったく具体的ではありません。

反省したから何でしょうか?謝って終わりなのでしょうか?

離婚を回避するために大切なことは、謝ることではなく、奥様の不安や苦しみを減らすことですよね。

 

実際にあったご相談

当事務所では、謝罪文作成サポートを行っています。実際にご依頼されたケースをご紹介します。

妻に暴言を吐いてしまった

最も多い相談です。ケンカの際、つい暴言を吐いてしまった、という男性は珍しくありません。そうしたことが原因で奥様が実家に帰ってしまった、離婚したいと言われている、などです。多くの場合、モラハラ発言だけでなく、性格や人間性についても謝罪しなければなりません。

喧嘩して逆ギレしてしまった

自分が悪いのに、逆ギレして家出をしたり、モノを壊したりする男性がいます。

友達に妻の悪口を言ったことがバレた

友達や家族に妻の悪口を言ってしまい、それが妻に伝わった、LINEを見られた、という相談もあります。

妻との約束を破ってしまった

隠れてお酒を飲まない、ギャンブルをしない、などの約束を破ったなど。

妻に無断で借金をした

用途はバレていないが、借金がバレたという人は多い。

出張や休日出勤と嘘をついて遊んでいた

フラリーマンではないが、仕事と嘘をついて別のことをしている男性がいる。浮気を疑われることが多い。

◯◯を妻の親に謝罪したい

なにかあったとき、妻だけではなく、妻の親にも謝罪しなければならないことも。

経歴や過去の嘘がバレた

結婚前に◯◯していて、結婚後に妻にバレた。

家族や友人の前で妻を侮辱した

冗談のつもりで言ったことが、どうしても妻が許せない。

 

謝罪と対策だけでは足りない

全般的に言えることは浮気の反省文と同じで「◯◯してごめんなさい、反省しています、もう◯◯しません」という当たり前のことだけでは足りない、ということです。◯◯以外に、日頃から奥様に言われていること、ケンカの際に言ってしまったことなども謝罪し、具体的にどう今までと違うかを理解して貰う必要があります。

 

落とし所を間違えない

こんな会話になっていませんか?

夫「離婚したくない」→妻「で?」

夫「許して欲しい」→妻「無理」

夫「すぐに別居解消したい」→妻「無理」

夫「いつか別居解消したい」→妻「いつかっていつ?だったら離婚しましょう」

夫「じゃあ、どうしたらいいの?」→妻「自分で考えろ」「同じことばかり言うな」「連絡も迷惑だ」「余計にイライラする」「あなたと話しても無駄だ」「私のことを心配してくれるなら離婚して」

などです。当たり前ですが、許して欲しい!とお願いして、分かった!許す!という回答は99%ありえません。こうした不毛なやり取りを続けても、失望されるだけです。奥様にもプライドがあります。もし仮に本心では離婚したくないと感じていても、すぐに「いいよ~」とは言えないのです。謝罪の手紙では、いかに奥様のプライドを尊重しつつ、「それくらいなら…」という改善のキッカケ、落とし所を提案する必要があります「ごめんなさい、もうしません、許してください」と繰り返し送っても、奥様も返答に困るのです。

ちなみに「自分で考えろ」「同じことばかり言うな」「あなたと話しても無駄だ」などは、まだ復縁の余地があることが多いと感じます。逆に言えば「自分でしっかりと考え、これまでと違う謝罪や反省をして欲しい」とも言えるためです。本当に離婚になるケースは既読にならない、一切返事がない、などの傾向があります。もちろん、例外もあります。

 

秘訣は”変わった”と思わせること

同じように謝罪しても、意味がありません。『前と同じことを言ってる』『もう信用できない』と言われるだけです。余計に奥様を失望させます。大事なことは『前と違うな、今回は反省したのかな』と思わせることです。人間性が変わった、と思われることで、最後のチャンスが貰える可能性が広がります。なにも変わっていなければ、やり直しても時間の無駄なのです。

 

行動ではなく、考え方が変わったか?

男性、特に優秀で仕事の出来る男性は、反省と今後の行動について、とても論理的に分かりやすく書いているケースがあります。なるほど、と思う文章もあります。ただ、その素晴らしい手紙が奥様の心に響くとは限りません。なぜなら、あなたの考え方や性格がまったく変わっていないことがほとんどだからです。優秀な男性ほど、行動は変えることが出来ても、考え方や性格、ポリシーは変えることが出来ません。そして、これらが最もこの離婚問題で重大な懸念です。

妻より自分の方が正しい、優れている(妻には至らない点がある)

自分なりに我慢している、頑張っている

世の中や他の男性に比べて、俺はマシな方だ

という考えが、ものすごく透けて見えています。手紙を読めばすぐに分かります。離婚するかどうかは、人間性の問題です。性格や考え方が変わらない人が「もうしません」「反省しました」と言っても、なんの意味もないのです。奥様の将来の不安は消えません。結局、奥様から「そういうことじゃない」「もう遅い」「あなたは全然わかってない」と言われるだけです。

 

妻にも悪いところがある、が透けている

モラハラやケンカ、気遣いができない系の相談でよく感じることがにも悪いところ(原因)があるという考えがものすごく透けて見える、という点です。

妻から出てい行けと言われたから家出した」「妻から静かにしろと言われたから無視した」「妻から離婚したいと言われたから離婚届を書いて渡した」「妻から○と言われたから壁を殴ってしまった」「過去に妻から○と言われたから○した」「妻から悪口を言われたからその10倍くらい悪口を返した」などです。ここまで直接的ではありませんが、同じようなことが書かれた謝罪文は珍しくありません。

もちろん、奥様が悪くないとは言いませんし、これらは原因として事実なのだと思います。ただ、奥様からすればあまりに幼稚で、まったく反省していないと思われます。特に「そういうことじゃない」「ずれている」「話にならない」と言われたことがある男性は要注意です。理屈っぽい、言い訳が多いなども同様です。自分に都合の良い解釈しかしないとも言われます。

こうした男性ほど、自分だけが悪いわけじゃない、と思いがちです。こうした「○○したのは悪かった。(でも原因は君にもあるんだよ…)」的な謝罪文は非常に逆効果です。悪化します。

他でも書きましたが極端に言えば、謝罪文はあなたがどう思っているかはどうでもいいのです。奥様がなにを言われたいか、だけです。どちらが正しいとか、間違っているで考える男性ほど、謝罪文が下手です。

なにも理由がなくケンカをする人はいません。ほぼ必ず奥様側にも原因というか、ご主人がそういう行動をしたキッカケがあります。ただ、それをわざわざ説明(指摘)する男性は「あぁ反省していないんだな」と思われるだけです。しかしながら「全部オレが悪かった、すまんすまん」と書いても、内容が薄い、反省が感じられないと言われてしまいます。

 

性格は変えられない?

そう簡単に性格は変わりません。まして、結婚している男性が、です。ただ、手紙の中で、ちょっと考え方が変わった?と奥様に思わせることは可能です。ネットのサンプルは謝意を書いて、奥様の気持ちを理解した風のことを書いて、もうしません、と書いてあるだけです。それだけでも復縁できることもあるのかもしれませんが、個人的には難しいと思います。離婚を回避するための手紙は、謝罪や反省だけではなく、あなたという人間がどう変わったのか、を奥様に知って貰うことが最も重要だと考えています。

 

すべては愛しているから

ご主人が奥様と離婚したくない理由、許して欲しい理由は『奥様を愛しているから』ですよね。謝罪したり、二度と○○しないことを約束するのは当たり前です。それだけでは足りません。ご主人が奥様を心から愛していて、大切に考えていると伝えなければならないのです。本当に大事なことは謝罪ではなく、奥様の不安やストレスを取り除くことです。もちろん、単純に愛しています!と書いたところで、信じられるわけないでしょ?また嘘でしょ、と思われて逆効果になってしまいます。

 

謝罪のチャンスは多くない

「もうメールやLINEで何度も謝罪したんですけど…」という相談が多くあります。もちろん、メールやLINEでの謝罪が悪いわけではありません。しかし、どうしても短く、散発的な謝罪が多く見受けられます。なにかに謝罪し、奥様から返信があり、また謝罪や言い訳をして、の繰り返しです。同じような謝罪や説明であったり、薄い内容が多いように感じます。

「謝罪の手紙も書いたんですけど…」も同じです。何度、どう謝罪してきたとしても、現状がすべてです。それが効果的でなかったから今、離婚の危機なのです。同じ謝罪を繰り返しても悪化するだけです謝罪のチャンスはそんなに多くありません。謝罪の回数を重ねるほど効果は薄くなりますし、失望が大きくなります。時間が経つほど、離婚が近づきます。

ただ、終わってしまったことを後悔しても仕方ありません。これから出来る最善は、諦めることではなく、しっかりとした謝罪の手紙を渡すことではないでしょうか。

 

とにかく話し合いたいという迷惑行為

「とにかく会って話したい」「ちゃんと話し合いたい」を繰り返す男性がいます。奥様から「用件があるならLINEで教えて」と言われても、会って話したいの一点張りです。

正直、こうした男性は会ってなにを話すのかも、奥様の気持ちも、何も考えていませんしっかり考えて伝えたいことがあるのであれば、手紙でもいいはずです。「とにかく謝ればいいんでしょ。LINEで送ってもいちいち反論されて面倒くさいから会いたい」という考えは奥様から見透かされています。奥様からすれば舐められていると感じます。会いたくない、時間が欲しいと言っている奥様の意見は無視。要件を聞いても具体的に答えない。そのくせ、子供に会いたい、寂しい、金や私物がどうこう。過去の話し合いの結果が現状なのに、そんなことはお構いなし。会って何を話し合うの?また同じことを繰り返すだけでしょ?また私が嫌な思いをしなければならないの?

これで離婚に至ったケースをたくさん見てきました。

もちろん、連絡しないでと言われて連絡をしなかったら、あとで怒られたというケースもあります。どうすべきかは、奥様次第で難しいです。ただ一つ言えることは、奥様の考えを尊重しない行為は謝罪ではなく迷惑行為です。

 

離婚を回避するための謝罪の手紙とは…

ご主人がどう思うか(反省した、後悔している、もうしません)を奥様に理解させるための手紙ではありません。

奥様が求めている言葉や行動を示すための手紙です。

どうしたら奥様が結婚を続けても良い思えるか、どうしたら奥様の不安とストレスを軽減できるか、がすべてです。

 

謝罪文作成サポート

当事務所では「奥様に対する謝罪文作成サポート」を有料(3万円)で行っています。詳しくはトップページをご覧くださいね。

 

コラム:ご主人は悪くない

これまで様々なご依頼がありました。その中には「会社から転勤を命じられたら奥様から離婚したいと言われた」や「奥様に好きな人ができたから離婚したいと言われた」など、ご主人はなにも悪くないのでは…と思うケースもありました。それでも離婚したくない、という方がいます。個人的な意見ですが、離婚するかしないかは、他人が理解できることではありません。どんなに辛い状況でも離婚しないという人もいれば、なにも理由がなく離婚したい、という人もいます。

そんなの納得できない!と配偶者に言っても、あまり意味はありません。当事務所としては、どんな理由や原因だとしても、ご主人が離婚したくないのであれば、そのお手伝いを最大限しています。

 

終わりに

離婚を選択された女性からご主人への言葉で、とても印象に残っているものがあります。

「今日までの結婚生活の中で、私がなにを失ったか分かりますか? あなたは謝罪し、もう◯◯しない、信用して欲しいと言うだけで、なにを失いましたか?」

この答えがわからないという方は、ぜひご相談ください。

誠意ある謝罪の手紙を渡すことで、離婚を回避できたケースがたくさんありました。諦める前に、いまできる最大限のことをしましょう。少しでもそのお役に立てれば幸いです。

 

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました