妻への謝罪文の書き方

浮気が妻にバレて、離婚すると言われている…

妻にスマホを見られて、浮気が疑われている…

など、浮気や不倫がバレたとき(疑われているとき)の妻への謝罪文妻への謝罪の方法についてご紹介します。離婚したくない、妻に家に戻ってきて欲しい、という方のお役に立てると幸いです。

 

浮気以外の謝罪文は【浮気以外の謝罪文の書き方】をご参照ください。

 

約8割は離婚しない

当事務所には、夫に浮気された奥様からの相談(浮気相手の女性に慰謝料請求したいなど)が多くあります。ただ、その約8割は離婚しません

夫の不倫を知ったとき、ほとんどの女性が「離婚」という言葉を口にすると思いますが、実際は子供のため、経済的な不安、親に心配をかけたくない、などの理由からイメージほど離婚には至りません。

ただ、離婚を回避し、許して貰うためには、誠意ある謝罪が不可欠です。浮気(未遂)したことだけでなく、仕事と嘘をついたこと、浪費したこと、信頼を裏切ってしまったことも問題なのです。

また、離婚されない=許された、ではありません。すぐに離婚されない場合でも、冷たい関係が続いたり、数年後に離婚される可能性もあります。完全には無理でも、少しでも早く許して貰うために、謝罪文はとても重要です。

 

よくある謝罪文のサンプル

◯◯へ

この度のこと、誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。
彼女と交際していたことは事実です。すべて認めます。君に寂しい想いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。
仕事でストレスが溜まっていて、つい不倫してしまいました。とても反省しています。
もう絶対に浮気しません。彼女とは二度と会いません。もう別れたので安心してください。
君が望むのであれば、土下座でも何でもします。スマホも解約します。許して貰えるとは思っていません。僕には謝罪することしかできません。本当にごめんなさい。
君が家を出てから、とても寂しいです。子供にも会いたいです。子供と一生守ると約束したので、絶対に離婚はしません。
君を愛しています。これから一緒にまた笑顔のあふれる家庭を築いていきたいです。ご返信、お待ちしております。

+++

実際に浮気した男性が奥様に書いた場合、もっと具体的なことや、反省の気持ちが書いてありますが、インターネット上のサンプルはこんな感じでしょうか。

 

すべてが足りない

あくまでサンプルですが、上記では不十分です。

・子供いるのか、いないのか、子供にどんな影響があったのか

・1回だけの不倫なのか、10年間の不倫なのか

・クリスマスや誕生日に浮気したのか

・無駄なお金を使った、車に浮気相手を乗せた

など、それぞれの事情によって、書かなければならないことはまったく異なります。しかし、インターネット上のサンプルは、そんなことは考慮されていません。特に、奥様から言われたことが、なにも反映されていないのです。

こうした謝罪文を渡しても、「私の気持ちをぜんぜん分かっていない」「反省していない」と言われてしまい、むしろ逆効果です。

 

絶対に子供のため、と書いてはダメ

また、離婚したら子供が可哀想などは禁句です。

もちろん、母親が離婚を考えるとき、子供の幸せを最も重要視します。子供への影響、金銭面です。それは間違いなく事実です。しかし、それを浮気した夫が言ってはダメなのです。

なぜなら、それは暗に、奥様が離婚を選んだら、奥様が子供を傷つけることになるんだぞ、という脅しになってしまうからです。子供を愛していることと、分けて伝える必要があります。

※これを言われて離婚を決めたり、苦しんでいる母親からの相談がたくさんあります

その他、サンプルの謝罪文の間違い、書いてはダメなことは【妻への謝罪文のサンプル】に詳しく書いてあります。

 

すべては愛しているから

ご主人が奥様と離婚したくない理由、許して欲しい理由は、『奥様を愛しているから』ですよね。浮気に対して謝罪したり、二度と浮気しないことを約束するのは当たり前です。それだけでは足りません。ご主人が奥様を心から愛していて、大切に考えていると伝えなければならないのです。本当に大事なことは浮気に対する謝罪ではなく、将来の約束です。

もちろん、単純に愛しています!と書いたところで、浮気したくせになに言ってるの?また嘘でしょ、と思われて逆効果になってしまいます。

 

謝罪文の作成をサポート

当事務所では、これまで不倫や離婚の悩みを2000件以上、聞いてきました。夫に浮気されて辛い、離婚したい、という女性の悩みもたくさんありました。

ご主人がどれだけ反省していても、その気持ちが伝わらなければ許されません

当事務所では、離婚で悲しい思いをする奥様や子供がひとりでも減るよう、浮気してしまった夫の妻への謝罪文の作成サポートをはじめました。当事務所で行うことは、ご主人の代わりに謝罪する、という仕事ではありません。ご主人の反省の気持ち、謝罪の気持ちを奥様に正しく伝えるためのお手伝いをする仕事です。

 

費用

謝罪文の作成サポートの費用は3万円(税別)です。すべて含まれていますので、相談料や修正料などは一切、不要です。

 

相談はすべて無料

相談はすべて無料です。24時間365日、メールかLINEで受け付けています。

・奥様や相手の氏名、住所、連絡先、会社名など、個人情報を教えて頂く必要はありません。

・書類を郵送することはありません(ご家族にも知られません)

・全国、どこからでもご依頼いただけます。

・依頼したことを奥様に知られないよう最大限の配慮をしています。

・最短で当日、案をメールやLINEでお送りできます。

・念書や誓約書、和解書や示談書についてもご依頼いただけます。

 

嘘の情報でも大丈夫です

不貞の詳細は、謝罪文に書くことだけを教えていただきます。例えば、本当は○○なんだけれど、謝罪文には××と書きたい、という場合は、××だけを教えて頂ければ十分です。

また、フェイク(嘘)の情報でも大丈夫です。こちらは教えて頂いた情報どおりに案を作成しますので、それを手書きする際に、ご自身で正しい情報に直してください。例えば、本当はプロ野球選手でも、プロサッカー選手です、のような感じです。

所要時間やご依頼の流れ、よくある質問については【謝罪文作成サポート】をご覧ください

 

LINE相談はこちら

お悩みの方は、LINEでお気軽にご相談くださいね。すべて無料で、24時間受け付けています。

友だち追加

 

メール相談はこちら

お名前 (ニックネーム可)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

※メールアドレスのお間違い、迷惑メール設定などにより、当事務所から返信できないことがあります。24時間以内に返信がない場合、LINEでご連絡頂けると幸いです。

 

実績のご紹介

当事務所ではこれまで、たくさんの場面で謝罪文の作成サポートをしてきました。

例えば、「浮気がバレたのが3回目」「奥様が子供を連れて実家に帰ってしまった」という状況でも、謝罪文を渡すことで、離婚を回避できました。

「出会い系アプリを利用していたことを妻に知られた」「肉体関係はないが、親密なLINEをしていて妻に見られた」「肉体関係はないが、女性と二人で会った、ホテルに行った」「元彼女と連絡した、会った」などのご相談も多くあります。その他、「奥様の親に謝罪したい」「子供に謝罪したい」「浮気なんかしていないと逆ギレした」などもあります。

もちろん、ご依頼いただければ絶対に許されるわけではありません。ただ、「依頼してよかった」「絶対に自分では書けなかった」と言って頂けることがほとんどです。

秘訣は”変わった”と思われること

最後に、謝罪文の秘訣をご紹介します。

こちらに依頼すると、自分で書いた場合となにが違いますか?』と聞かれることが多々あります。すでにたくさん謝罪をしたし、謝罪文も書きました、と。

厳しい言い方ですが、もし、ご自身が謝罪して許されたなら、このサイトを読んでいないと思います。

当事務所にご依頼される方の多くは、謝罪したけれど許して貰えない、2回目以上の浮気発覚で危機的状況にある場合などです。こうした状況の場合、ご自身が同じように謝罪しても、ほとんど効果は期待できません。

『前も同じことを言ってた』『もう信用できない』などと奥様から言われるだけです。

当事務所で提案する謝罪文は、いかに奥様から『変わったのかな』『今回は本当に反省したのかな』と思って貰えるかが勝負だと考えています。ただ謝るだけなら誰でもできます。

これはスマホにロックをかけませんとか、一筆残しますとか、そうした小細工ではありません。結局、それではいままでと大差ないのです。本気で謝罪したい方は、ぜひご相談くださいね。

 

終わりに

夫の浮気発覚はとても辛く悲しいことです。しかし、離婚もそう簡単ではありません。浮気された奥様が少しでも楽になり、離婚によって悲しい思いをする子供や家族がひとりでも減ることが、当事務所の願いです。

妻への謝罪文の書き方
タイトルとURLをコピーしました